トップ > 九度山・真田ミュージアム > 真田十勇士

日本一の兵「幸村」

真田十勇士

真田十勇士イメージ

九度山に蟄居中の幸村のために集まった10人の家臣たちを紹介するね

幸村と真田十勇士の伝説は、江戸時代より史実を参考に生まれた壮大な戦国物語です。
大坂の陣での活躍により幸村の生き様はドラマチックに伝えられています。

個性あふれる家臣たち

猿飛佐助【さるとびさすけ】

真田十勇士の中で最も人気のある甲賀流忍者

狩りに来ていた幸村にその能力を買われ家臣となる。
幸村が九度山にいる間諸国をまわり、旅をしながら仲間と出会っていく。

霧隠才蔵【きりがくれさいぞう】

伊賀流忍術の達人

父は浅井長政の家臣。
浅井家再興の軍事資金集めのため山賊となるが、仲間集めの旅をしている猿飛佐助と出会い、忍法比べで対決ののち仲間となる。

海野六郎【うんのろくろう】

仲間の活躍を陰で支える幸村の右腕的存在

真田家の重臣であった海野氏出身の武士。
十勇士の中では最古参。
大坂夏の陣では徳川方に突入した先鋭部隊のひとり。

穴山小助【あなやまこすけ】

武田家家臣出身の武士

武田家滅亡後父が小助を連れ戦場を渡り歩く浪人となり、幸村の郎党となる。
幸村と共に九度山に落ち、大坂夏の陣で家康の本陣に切り込み壮絶な最後を遂げる。

筧十蔵【かけいじゅうぞう】

出身は諸説ある武士。種子島銃を扱い、射撃の腕は百発百中。

鉄砲部隊を組織して狙撃など銃術戦を行う、十勇士の中では異色の存在。
由利鎌之助と共に西国を旅して、情報を収集する。

三好清海入道【みよしせいかいにゅうどう】

真田十勇士の中で最年長の武士。
三好伊三入道は弟。

浪人時代に親戚である真田氏を頼り家臣に。僧侶の姿で重い鉄棒を振り回す豪傑。
大坂夏の陣で弟と共に徳川父子を討とうとして失敗し、切腹する。

三好伊三入道【みよしいさにゅうどう】

兄が三好清海入道

由利鎌之助と共に鈴鹿山中で山賊になっていたところ、兄である三好清海入道の誘いを受け、幸村の家臣に。
大坂夏の陣で兄と共に徳川父子を討とうとして失敗し、切腹する。

望月六郎【もちづきろくろう】

忍術を使い、大筒や地雷火といった火薬武器の製造使用を得意とする甲賀流忍者

九度山真田屋敷の留守居役として幸村の近くで生活したという設定も。
大坂夏の陣で壮絶な最後を遂げる。

由利鎌之助【ゆりかまのすけ】

鈴鹿山中で山賊をしていた鎖鎌の達人

伊三入道と共に幸村の家臣に。
鎖鎌を振り回し敵をなぎ倒す豪傑であり、槍の達人でもある。
大坂夏の陣で海野六郎とは別部隊を作り活躍する。

根津甚八【ねづじんぱち】

元海賊の頭領。
由利鎌之助とはけんか友達。

幸村が九鬼水軍の動きを探りに出かけた中で出会い、家来となる。
大坂夏の陣で徳川方と激闘を繰り広げ、討ち死にする。

最終更新日:2017130
上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.