トップ > 九度山・真田ミュージアム

九度山・真田ミュージアム

【夏期特別企画展】全日本刀刀匠会近畿地方支部展
「武士の魂『日本刀』ー近畿の現代刀匠による技と美ー」

平成30年度夏期特別企画展/刀剣展

開催趣旨

伝統、美、そして技巧が代々受け継がれている日本刀。戦国武将たちは、刀を単なる武器としてだけでなく、精神的な支柱としていました。
特に真田信繁(幸村)は愛刀家でもあったといわれ、その信繁の愛刀の表は、金銀の象嵌(ぞうがん)にて松の木に雪が積もっている図、裏面には「雪中(せっちゅう)松柏(しょうはく)愈(いよいよ)青々(せいせい)」の七文字が同じく象嵌で書き込まれていたといわれています。
冬になり雪が降ると木々の葉が枯れて落ちてしまいますが、その時松や柏は一層青々となります。自分も木にたとえれば松や柏の様に、如何なる苦難にあってもくじけず、志を変えない志操を持つことを誓った言葉です。
このように、戦国武将たちの刀には、武士としての誇りと魂が込められていました。
世界でも例を見ない美しい造型で、美術工芸品として評価の高い日本刀を、卓越した伝統技術と感性をもった支部の皆さま方のご協力を得て、刀剣展を開催します。
ほかにも、刀匠の方々が余技で作られた小刀、鐵(てっ)扇(せん)等も含め、主に新作約20点を展示します。
また小中学生や家族づれの方々も楽しめるよう「刀匠によるギャラリートーク―刀匠と話そう―」や「刀匠による銘切り」も行います。
ご期待のうえ多数ご来館ください。お待ちしています

期 間

平成30年8月1日(水)~平成30年9月2日(日)まで

刀匠によるギャラリートーク―刀匠と話そう―
  • 8月5日(日)午前10時30分~、午後2時30分~
  • 8月12日(日)午前10時30分~、午後2時30分~
  • 8月19日(日)午前10時30分~、午後2時30分~
  • 8月26日(日)午前10時30分~、午後2時30分~
刀匠による銘切り
  • 8月開催
    4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
  • 9月開催
    1日(土)、2日(日)

平成30年度夏期特別企画展チラシ(表面)PDFファイル(1100KB)
平成30年度夏期特別企画展チラシ(裏面)PDFファイル(1403KB) 

九度山は真田のこころ生きる郷

関ヶ原の敗戦後、父昌幸とともに蟄居を命じられた地、九度山。

真田昌幸、幸村、大助の真田三代の軌跡と、14年間という幸村の生涯で一番長い時間を過ごした九度山での生活を、パネル展示とドラマ仕立ての映像により紹介します。また、物語として、現在まで伝えられる十勇士伝説でのアニメシアターや当時の真田屋敷を模したからくり部屋など、お子様からおとなまで楽しめる施設となっております。

入場料金

一般入場券

区分

当日券

企画展
開催期間外

大人(高校生以上)

500円

300円

小人(小学生・中学生)

250円

150円

※障がい者手帳提示で無料(介添者1名含む)

一般団体割引入場券

区分

当日券

企画展
開催期間外

大人(高校生以上)

400円

240円

小人(小学生・中学生)

200円

120円

※団体割引は、有料入場者15名以上の構成団体に適用する。

開館時間

午前9時~午後5時(最終入場 午後4時30分)

休館日

月・火曜日(祝日の場合は営業・翌平日休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
※ただし、ゴールデンウィークは休まず開館します。
>休館日カレンダーはこちら

駐車場

九度山・真田ミュージアム内に駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用ください。
・道の駅「柿の郷くどやま」から徒歩5分
・九度山駅から徒歩10分
くわしくは 周辺案内のページ をご覧ください

上に戻る

Copyright © Kudoyama town All rights reserved.